top

 

 第25回日本ハンドセラピィ学会学術集会は、2013年4月20日(土)~21日(日)の2日間、神戸国際会議場(メインホール)において開催いたしました。医師12名、セラピスト、学生を含め500名を超える参加者をお迎えして、盛会のうちに無事、終了しましたことに、深く御礼を申し上げます。また、第25回日本ハンドセラピィ学会学術集会を最初から御支援、御援助頂きました第56回日本手外科学会学術集会学会長 田中寿一先生に感謝申し上げます。
 今回は、一般演題では日頃臨床で携わっています演題において口述・ポスター各 3セッション、32演題発表ともに活発な討論を頂きました。本学会では、テーマとしておりましたスポーツ疾患におけるハンドセラピィの役割や方向性を導くことでした。
 特別講演では、大阪医科大学整形外科学教室 渡辺千聡先生に肘関節スポーツ疾患に対する最新の評価法を、さらに、スポーツ外傷で多い手関節周囲の疾患の評価ならびに解剖・運動について大阪行岡医療大学医療学部 森友寿夫先生に解りやすく御講演頂きました。
 シンポジウムでは指定発言として4名のセラピストに発表頂き、特別講演を頂いた先生を交え少ない時間ではありましたが、スポーツ疾患における今後の課題やセラピストへの期待について問うことが出来たと思います。
 2日目のポストミーティングセミナーでは、ハンドセラピィ技術の伝承をテーマに掲げ、学術集会では初めての試みでありますが、認定ハンドセラピストが日頃臨床で実践しておりますノウハウについて講義とともに実技を含めてご披露頂きました。満員の会場の中、参加者の皆様がその技術を目の当たりにし、必ずや技術を伝承され、日々の臨床に生かしていただけるものと確信しております。
 今回の運営におきましては、準備段階から不手際や不備など様々ございました。ご不快・ご不愉快な点お詫び申し上げます。その都度ご協力と忍耐を頂き、ご対処頂きました座長・講師の方々、演者の皆様、さらに実行委員の皆様、御助言・御支援くださったすべての方々に感謝申し上げます。

 最後に、第26回日本ハンドセラピィ学会学術集会は2014年4月19日(土)沖縄コンベンションセンター劇場棟(沖縄県宜野湾市)で、テーマを「末梢神経障害の保存療法」として学術集会会長 阿部幸一郎氏により開催されます。どうか皆様、沖縄の地で再び熱くご討論頂きたく、ご参加頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。
     
 

第25回日本ハンドセラピィ学術集会会長

藤原 英子

 

2013.4.11
事前参加登録を締め切りました。ご登録ありがとうございました。
2013.4.2
日程・プログラムページを更新致しました.
2013.3.30
事前参加登録を4月10日(水)に延長致しました。
2013.3.17
事前参加登録を3月29日(金)に延長致しました。
2013.2.1
事前参加登録を開始致しました。参加者の皆様へページを更新致しました。
2012.12.10
演題募集を締め切りました。多数のご応募をいただき誠にありごうございました。
2012.11.29
演題募集期間を延長致しました。
2012.11.4
日程・プログラムページを更新致しました.
2012.10.21
会場案内リンクページを更新致しました.
2012.10.13
演題募集を開始致しました.
2012.10.8
演題募集ページを更新致しました.
2012.9.27

第25回日本ハンドセラピィ学会学術集会のホームページを開設致しました.

 
 
 
 
 
 
 

第25回日本ハンドセラピィ学会学術集会事務局

第一東和会病院 リハビリテーション室

〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17

TEL:072-671-1288  FAX:072-671-1030  E-mail: jhts25.kobe@towa-med.or.jp

 

 

神戸国際会議場

〒650-0046

神戸市中央区港島中町6-9-1
TEL:078-302-5200
FAX:078-302-6485